Amazon輸出で外注化すべき3つの作業と優秀な外注パートナーの集め方

outsource

Amazon輸出ビジネスで

「利益は出ているものの
作業に追われていて
自由な時間が全然確保できない。」

あるいは

「時間が足らずに
思うように利益が出ない。」

という方に向けてこの記事を書きました。

はじめに外注すべき
三大作業について
まとめています。

梱包・発送作業

packing

出品者出荷であれば
家族がいる人は家族に任せるか
カンタムソリューションズのような
代行業者に任せるのがいいと思います。

意外と時間がかかる部分で
しかもこの作業を
繰り返したからといって
特にビジネススキルが
上がるわけでもないので
早い段階で人に任せたいものです。

Amazon輸出代行業者
についてはリンク先にまとめています。

商品リサーチ

keyword_research_for_amazon_sellers

リサーチを外注するには
まず自分1人で
利益が出る商品を見つける方法を
習得し実際に仕入れて
利益を出す必要があります。

自分1人で利益を出せずに
人に任せても
上手くいきません。

そのためまずは
Amazon輸出の商品リサーチの方法
を徹底的に学びましょう。

その後まずはツールの導入をして
作業時間の短縮、
その後は外注パートナーに
Aamzon輸出リサーチツール
使ってもらって
さらに時間を短縮することで
仕組みを形成していきましょう、

自分でやっている限りは
労働収入の域を抜け出せません。

仕入れ交渉

Close-shot of a tablet computer displaying financial data, three

仕入れ交渉を外注化する
優先順位はそれほど
高くありませんが
最終的には全ての
作業を人に振っていかないと
真に自由になることはないので
この部分も仕組み化が必要です。

1から教えるのは難しい部分なので
未経験者不可にして
やり方のルールだけ(例えば
弊社の社員と名乗ってください、
電話に出なくても日を改めて
3回はチャレンジしてくださいなど)
決めましょう。

Amazon輸出仕入先の開拓方法
の記事を参考にまずは
自分で交渉を成功させてから
外注パートナーに任せるようにしましょう。

この辺りはリサーチと考え方は同じです。

優秀な外注パートナーはどうやって見つければいいの?

ビジネスパートナーを見つける方法は
大きく分けて4つあります。

  1. クラウドソーシングサイトの活用
  2. 知り合いや知り合いの紹介から探す
  3. 自身のWebサイトで募集
  4. 求人サイトへの登録・広告の出稿

クラウドソーシングサイトの活用

crowdsourcing

クラウドソーシングサイトで
優秀なパートナーを見つける方法は
砂金採りみたいに大変です。

とはいえ最初は
人脈などないと思うので
再現性の高いマニュアルを
作る方に集中しましょう、

誰に任せても同じクオリティで
仕上げてもらえるよう
マニュアルに落とし込めれば
優秀な人を取る必要は無くなります。

僕は昔上場を目指して
いたことがあったのですが
先輩から言われました。

上場する会社とそうでない
会社の違いはなにか、と。

それは上場する会社は
普通の人を動かす仕組みを
作り上げている、ということです。

世の中普通の人の方が多いのだから
なるべく誰でもできるよう
仕組み化しないと
上場など到底目指せないと言われました。

当時会社には優秀な人ばかり
集めていて僕には
その方がやりやすかったので
会社はバイアウトして
上場から方向転換しました。

今でも人に任せることは
その人でないとできないこと、
というのはなるべく
ない状態にしています。

知り合いや知り合いの紹介から探す

friends

長期で続けてくれる人を
見つけやすいのがこの方法です。

欠点は仕事の力量に
納得できない場合でも
辞めてもらいづらいのと
そもそもの絶対数を
確保しづらい所です。

自分の力量が上がれば
よりレベルの高い人脈が形成され
スキルが高い知り合いも
紹介してもらいやすくなるので
そのうちこの方法だけでも
十分な人材を確保できるでしょう。

何より信頼性の意味では最も確実です。

自身のWebサイトで募集

web

ブログや会社のHPを
持っている人はそこから
集客することも可能です。

実際僕はブログに
問い合わせがあった人から
採用したことが何度もあります。

webサイトの集客力が
必要になるので
難易度は高めですが
優秀な人は意外と集まりやすいです。

求人サイトへの登録・広告の出稿

townwork

タウンワークのような
求人サイトで
募集をかける方法です。

自社ではやったことがないのですが
知り合いは毎回
この方法で人を雇っていると
言っていました。

あまり優秀な人は
集まらないそうですが
その方は会社の教育スキームが
しっかりしているので
変な人でなければ別に誰でもいい、
と言っていました。

これは理想的です。

資本主義社会において
優秀な人というのは
賃金が高いです。

そのため最初はどうしても
人件費が安めの人を
育てる意識を持つ必要があります。

Amazon輸出で外注化すべき3つの作業と優秀な外注パートナーの集め方のまとめ

  1. 梱包・発送作業
  2. 商品リサーチ
  3. 仕入れ交渉

を順に外注していこうという話でした。

人によって使える資金や
時間の価値は違うので
どのタイミングで
外注化すべきというのは
一概には言えませんが
最終的には全て外注化すべきです。

そしてそのためには
なるべく優秀なパートナーが
必要なので段階に応じて
様々な外注パートナーの
集め方をしようという話です。

一朝一夕に出来ること
ではありませんが
だからこそ一度
仕組みを作れると強いです。

誰でも簡単に出来ることだったら
そわそわして眠れないと思います。

これをきっかけに
ぜひ輸出ビジネスの先にある
自由を手にしてください。

Facebook Comments

メルマガ登録特典

  1. ・毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
  2. ・毎月2名の方にAmazon無料価格改定ツール「アマトピア」
  3. ・物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
  4. ・50万円の初期費用を貯めるための無料レポート
その他にもメルマガ内では海外マーケティングの情報提供やセミナーの告知などを不定期に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です