海外AmazonFBA納品の方法【直納も可能】

delivery-keyboard-button

Amazon輸出FBA納品で注意すべきこと

日本で買った商品を
直接AmazonのFBA倉庫に送れたら
それが一番効率的なのですが
ここに問題があります。

海外からAmazon.comに
商品を納品する際、
税関で関税が発生することがあるのです。

AmazonのFBA倉庫に
直接商品を送って
そこで関税が発生したら
どうなるかというと、
Amazonは当然関税を
支払ってくれません。

すると関税を払ってもらえない商品は
日本に返還されてしまいます。

これをどうクリアするかというと
関税のアカウント払いです。

しかしAmazon.comは
荷受人にはならないと
規約に明記しているので
荷受人は別で用意する必要があります。

それをクリアするために
荷受人としてあらかじめ
協力者を探しておくことが大切です。

海外にパートナーがいれば
不備があった時に融通も効きますし
差別化できるのでおすすめです。

転送業者だと安くても1
0%位は取られるので
今後もビジネスとして
継続して続けたいのであれば
mixi等を活用してパートナーを
見つけた方が絶対お得です。

ほとんどの人は現地パートナーを
作ることに障壁を感じてしまい
実行できていないのでそれだけで有利です、
ぜひチャレンジしてみてください。

FBAに直接納品しないケース

直接納品しない場合は
送料がかさむので基本的に選択肢にない、
と思われるかもしれませんが
実は直接納品しない方法も重要です。

なぜなら輸出には再納品のハードルが
立ちはだかるからです。

何らかのトラブルで
納品が出来ない時に
返納先が日本であれば
ものすごい送料が
かかってしまいますが
現地にパートナーがいれば
その危機は乗り切ることができます。

また商品に問題がないにもかかわらず
消費者により返品されてしまった場合
中古品として
再納品する必要がありますが
この場合もパートナーは必須です。

こうなると直接納品だけが
全てとは言えないことが
おわかりいただけたかと思います。

通常直接納品しない場合は
代行業者を利用することになります。

Amazon輸出代行業者の比較
ついてはリンク先に
詳しくまとめています。

Facebook Comments

メルマガ登録特典

  1. ・毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
  2. ・毎月2名の方にAmazon無料価格改定ツール「アマトピア」
  3. ・物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
  4. ・50万円の初期費用を貯めるための無料レポート
その他にもメルマガ内では海外マーケティングの情報提供やセミナーの告知などを不定期に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です