Amazonで出品をまねされない方法?

amazon出品のまね

Amazonに出品した商品を
まねされない方法が
色々出回ってますが甘いものが多いです。

まねされない方法はほとんど無意味です。

Amazon新規出品でまねされる方法

パッケージを変える

包装やパッケージを変えればまねされないと
思っている人が多いですがこれは
実はほとんど意味がありません。

Amazonの出品のコメントに
※生産時期によって外装が異なる場合があります。
とでも書いておけば気にせず被せて出品しても
お客さんからはクレームは来ません。


パッケージを含め画像に載せブランディングしている
商品ページではパッケージ換えは効果があります。

おまけをつける

おまけ付きというやり方は
そもそも関連商品でなければ
禁則事項なのですがしょうもない
おまけに守られている場合があります。

僕は気にせず被せます。
そして※おまけは付属しません。

こう書きます。

JANコードを取得する

これこそKing of 無意味です。

メーカーが取得したなら
商標権の侵害になりますが
海外から輸入した商品に対し
JANコードを付けましょう、と言ってる人は
法律をもっと勉強したほうがいいです。

JANコードは単なる識別番号であり
それ自体に法的拘束力は一切ありません。

他の出品者が文句を言ってきても
ほっといて何の問題もありません。
顧問弁護士に確認を取っているので大丈夫です。

出品者は甘すぎます。

そんなやわなメッキは
簡単にはがせてしまいます。

本当にまねされたくないんだったら
もっと考えるべきことが山ほどあります。

ではまねされないためにはどのようにすればいいでしょうか?

Amazon新規出品でまねされない方法

商標権を取得する

一番確実な方法です。
弁理士に任せれば
10万円もしないで
商標の取得が可能です。

実は資格がなくても
申請できるので
商標データベースで自力で類似商標がないか調べて
商標を取得することもできます。

セット売りをする

正確に言えばまねはされますが
セット売りをすることで
難易度が上がり
単純には真似されづらくなります。

消耗品と相性がいいです。

画像を変える

結局同じ商品だとライバルに思われるから
真似されるわけで
実は同じ商品でも
新規で画像を用意すれば
まねされないことが多いのです。

パッケージを変えるよりもまずこれです。

Amazonで出品をまねされない方法まとめ

ユーザー目線で違う商品と言えるかどうか、
ライバルに見つかりづらくできるか、
ライバルに見つかっても被せようという
気持ちを削ぐことができるか、
と本質をついた対策を考えrば
実は被せられるケースというのは
かなり減ります。

一度被せられると
Amazonに対応してもらうのを待っても
意外と時間がかかるのですが
商標があればわりとすぐに対応してもらえるので
最後はやはり商標権に行き着きます、
ぜひトライしてみてください。

Facebook Comments

メルマガ登録特典

  1. ・毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
  2. ・毎月2名の方にAmazon無料価格改定ツール「アマトピア」
  3. ・物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
  4. ・50万円の初期費用を貯めるための無料レポート
その他にもメルマガ内では海外マーケティングの情報提供やセミナーの告知などを不定期に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です