Amazon輸出とVAT登録

VATとヨーロッパ輸出

Amazon輸出に関してVATの質問を受ける事が多いです。

一番多いのが「VATって国ごとに
取得する必要があるんですか?」というもの。

個人的に分からなければ
Amazonに聞けば一発で解決するのに
なぜそれをしないか疑問に思います。

普段分からなければグーグルで検索すればええやん、
と思うのですがVATに関してはなぜか
全くと言っていいほど情報が出てきません。

なのでずいぶん昔に
Amazonに問い合わせたときの回答を
シェアしておきます。

In relation to your question
regarding different vat number for other countries.

You are only required to enter your vat number
for your country of your business address.

You do not need to have different vat number per country.

VAT numberは一カ所で
取得すればいいと言う事ですね。
(あくまでAmazon輸出に関して)

居住者証明書や、
商業登記簿謄本等があれば誰でも登録出来ます。
僕は税理士の友達に任せて翻訳だけ自分でしました。

今は英訳の公証が必要です。自分で翻訳しても
認められないので業者に頼みましょう。

値段は10万円位すると思います。

これを安いと取るか高いと取るかは自分次第で
ビジネスとしてやる人にとっては安いのでしょうか。

英語が出来て法人書類に詳しい人は
自分でさっと出来るので登録自体は問題ないですが
税率などが国ごとに頻繁に変わるので情報は
入れ続けるよう気をつけてください。

あと相談するならVAT登録専門業者か
貿易に強い会計事務所にしてください、
僕は各国のVATの細かい違いは知りません。
専門的なことはお金を払って人に任せる、
自分は経営だけに集中する、これが一番です。

売り上げによって毎月納税するか
四半期で納税するかなど変わってきますが
それも国ごと違います。

そもそも税理士資格を持たない人は
税務アドバイスをしてはいけないと
法律で決まっていますので
残念ながら輸出ビジネスをやっている人でも
大半の人は税理士の人に聞いてください、
としか言えません。

VATは物販の本質的な部分ではないので
専門家に任せてさくっと先に進みましょう!

アメリカとカナダだけでも
十分な利益は出せますしまず
そちらで結果を出してから
欧州に移りましょう。

よく裏をかいていきなり
欧州からスタートしようとする人がいますが
それをやって成功した人を見たことがありません。

物事には順序があります。

Facebook Comments

メルマガ登録特典

  1. ・毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
  2. ・毎月2名の方にAmazon無料価格改定ツール「アマトピア」
  3. ・物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
  4. ・50万円の初期費用を貯めるための無料レポート
その他にもメルマガ内では海外マーケティングの情報提供やセミナーの告知などを不定期に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です