AmazonFBAヨーロッパ輸出のやり方

ヨーロッパAmazon

EUのAmazonFBA輸出方法

基本的なやり方は
米国Amazonに送るやり方と変わりませんが
経験上関税の元払いが出来ても
直送しない方がいいです。

おすすめは海外SOHO、
あるいは海外パートナーを見つけると言う方法です。
というのもヒューマンエラーというのは必ず起こります。

ヨーロッパAmazonのFBA倉庫に商品を直送して
ラベルの貼り間違えなどで引き受けてもらえない商品
日本に返送されていては往復の送料がもったいないです。

現地にパートナーが入れば一旦そこに商品を送り
仮にエラーがってもまた
そのパートナーの所に荷物が戻るだけです。

色々と融通も利きますしぜひ
パートナーを見つけると言うやり方をとってください。
ほとんどの人は英語を
喋れないので参入障壁を感じていますが
そのようなことは全く持って重要じゃありません。

英語が話せなくても海外の外注を
フル活用している経営者はかなりの数います。

僕は英語とスペイン語を話す事が出来るので
一般的には語学が出来る方ですが
積極的に活用している外注は中国の方です。

中国語を勉強するより
日本語を話せる中国人を
見つけた方が早いと思ったので
実際そうしました。

代行業者を使って高い手数料を払っている人は
それだけで僕みたいに独自の物流を築いている人と
互角に戦う事が出来ません。

※最近はいい代行会社が増えています。
詳しくは代行会社比較のページを
ご覧ください。

仮に同じ商品を扱っているとしたら
経費が安い方が有利なのは火を見るより明らかです。

ぜひ海外パートナーを見つけてください。

Amazon輸出無在庫販売で欧州で売る方法

この場合問題になるのがVATです。

以前VAT登録をせずに
VATがかかった場合のみ
購入者に返金するなどして
対応していたセラーが
多数いましたが
みなアカウントを剥奪されています。

ヨーロッパFBA販売でもVAT登録
問題となりますがヨーロッパ無在庫販売でも同様です。

あくまで消費地はヨーロッパなのです。

これがヨーロッパ向けのネットショップを
日本でやってる場合は
VAT登録は必要ありません。

しかし例えばフランスの
Amazonはフランスにありますし
ドイツのAmazonはドイツにあります。

その場を借りて商品を
販売させてもらっているだけなので
日本から送ろうが
VATを納める必要はあります。

数年前まで日本のAmazonは
日本に税金を納めていませんでしたが
法律が変わって今では日本に
税金を納めています。

世界の流れとして
こういった動きは一層加速していくでしょう。

長く続けるためには
抜け道を見つけるのではなく
正攻法で勝つ手段を模索しましょう。

Facebook Comments

メルマガ登録特典

  1. ・毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
  2. ・毎月2名の方にAmazon無料価格改定ツール「アマトピア」
  3. ・物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
  4. ・50万円の初期費用を貯めるための無料レポート
その他にもメルマガ内では海外マーケティングの情報提供やセミナーの告知などを不定期に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です