Amazon輸出FBAで返品されてしまった商品はどうすればいいの?

Amazon輸出FBA返品

Amazon輸出FBAで販売を続けていると
返品されることが
5~10%位の確率で起こります。

安物であれば返品されたものは
廃棄損としてしまってもいいのですが
数万円の商品を扱っている場合は
そうも言っていられません。

FBAの場合は返品は自動でされるので
今回はそのあとの対応について
考えてみたいと思います。

Amazon輸出FBA商品返品後の対応

まずセラーセントラルで
返品された商品について
確認しましょう。

Inventoryから
Manage FBA Inventoryを
選択して、次に
Unfulfillableの列に
ある品目を選択するか
Create Removal Order
を選択します。

Seller_Central_-_Amazon-Fulfilled_Inventory_-_Amazon_Seller_Central

返送先住所を記入する画面に
遷移するので情報を入力し完了です。

Seller_Central_-_Create_Removal_Order_-_Amazon_Seller_Central

転送料は50円程度。

小型包装物を超えるサイズの
大型商品は$0.1ほど料金が上がります。

処分料は20円程度。
大型商品は処分に一つ
30円程度の手数料がかかります。

米国FBAの倉庫にある商品を
日本へ転送する場合、
安くても$20程度の送料が必要になるのと
返送されて戻って来る商品は、
損傷具合も不明ですので
返送を希望する場合は必ず
事前にアメリカ国内のパートナーを
見つけておく必要があります。
(イギリスであればもちろんイギリスのパートナー)

再販するためには商品状態の確認、
場合によっては修理と
再パッケージングの
作業が必要になります。

またコンディションが
新品として販売できるかどうかも
定かではないので
場合によっては中古で出さなくては
いけないケースも出てくるので
注意しましょう。

パートナーを見つけるのに
おすすめのサイトとして
Lancersなどを挙げている人が
多いですが海外のパートナーを見つける場合は
Upworkで探したほうが
優秀な人が見つかりやすいので
そこで見つけるようにしましょう。

Amazon輸出で返品されやすい商品

実は返品されやすい商品と
そうでない商品が存在します。

返品されにくいのは
日用品です。

Amazon輸出でよく扱われる商品で言えば
文房具やキッチン用品などですね。

購入者も必要に駆られて買うため
多少不備があっても
返品には至らないケースが多いのです。

またフィギュア系も
壊れでもしていない限り
一度手に入れて返品する人は少ないです。

反対に返品が多いのは
家電、特にオーディオ系です。

またプレゼントに向いている
商品なども返品されやすい
気がします。

向こうの人の感覚では
恋人にあげて
気に入ってもらえなかったら
返品するということが
普通なのでしょうか。

日本人の感覚からすると
信じられないかもしれませんが
複数買って聞きくらべをして
気に入ったもの以外返品する人がいるのです。

もちろん非常に多いと
いうわけではありませんが
利益計算に返品リスクを
組み込んでおかないと危険な程度には
返品は起こります。

あらかじめ想定しておけば
返品されることは大した
問題ではなくなるので
はじめは考えなくてもいいですが
ぜひ10%返品されても利益が出るものを
なるべく扱うようにしましょう。

Facebook Comments

メルマガ登録特典

  1. ・毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
  2. ・毎月2名の方にAmazon無料価格改定ツール「アマトピア」
  3. ・物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
  4. ・50万円の初期費用を貯めるための無料レポート
その他にもメルマガ内では海外マーケティングの情報提供やセミナーの告知などを不定期に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です