Amazon輸出と納税者番号

Amazon Kindle Unboxing 1
Amazon Kindle Unboxing 1

Amazon輸出をする再問題となるのが納税です。

法人会社を興す必要があってがアメリカで納税する必要があるとか
そんなデマまで広まるほどまだまだ情報が少ないのが現状です。

僕は海外法人を持っていますが今は法人口座レンタルサービスもあり
初心者の方はそんなリスクを犯す必要はありません。

納税もAmazon.comの出品者登録の画面で
アメリカの非居住者であることを告げれば日本で納税出来ます。

そのためハードルを高く感じてる人が多いですがたいした事はありません。
懸念すべきは円安になるからと輸出を始めた人が急激に増えた事くらいです。

僕はメーカーから直接買ってるので影響はありませんが
小売りから買う人が増えすぎればやはり市場価格は下落するでしょう。

と言っても輸入と比べると参加者はまだまだ少ないのであと1年は
有利にビジネスを勧める事が出来ると思います。

結局稼ぎ続ける為には目先のノウハウを追うだけでなく本質を理解する必要があるので
円安だから輸出、円高だから輸入とか
安直な考えを持たず物販ビジネスに取り組みましょう。

卸やメーカーなど上流から買えば
円高だろうが円安だろうが稼げますし個人のライバルはほとんどいなくなります。

Facebook Comments

メルマガ登録特典

  1. ・毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
  2. ・毎月2名の方にAmazon無料価格改定ツール「アマトピア」
  3. ・物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
  4. ・50万円の初期費用を貯めるための無料レポート
その他にもメルマガ内では海外マーケティングの情報提供やセミナーの告知などを不定期に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です