Worldfirstの登録方法とAmazonでの活用法

worldfirst

WorldFistとは?

Worldfirstでは海外のレンタル口座を作成可能です。
対応している国は多岐にわたり
アメリカ、カナダ、イギリス、最近では
その他のEU国の口座も作れるようになってきています。

同系統のサービスのPayoneerより維持費などの面で
お得ですのでWorldfirstをおすすめします。

World Firstに登録するには住所を証明する書類が2通必要です。
必ず必要になるので登録を始める前に用意しましょう。

必要なものは以下の通りです。

  1. パスポート・運転免許証
  2. 住所を証明する書類1~2通

住所を証明する書類は以下となります。

Amazonマーケットプレイス&オンライン販売者のための国際送金サービス

 

https___www_worldfirst_com_jp_signup_

 

https___www_worldfirst_com_jp_signup_ 2

必要情報を英語で記入後”登録”をクリックします。

申し込み書類到着後通常10営業日以内に、
受け取り銀行口座の情報が送られてきます。

WorldfirstのHPはこちら

WorldfirstをAmazonで活用するには

受け取り口座はアメリカ、カナダ、イギリス
それぞれ作成可能なので
販売先に合わせて複数作成しておくのがおすすめです。

同じレンタル法人口座サービスの
ペイオニアとは異なりAmazonの売り上げを
アカウントに移す際の手数料が無料なことに加え
口座維持手数料、引き出し手数料も無料なので
非常に活用しやすいと思います。

※1,000USドル以下の送金は
30USドルの手数料が別途必要です。

改めて考えるととても
素晴らしいサービスですが
Worldfirstはどこで利益を取っているのでしょうか?

それは為替変換手数料です。

ドルで受け取ってそれを
日本口座に送って円にすると
約2%の為替変換手数料がかかります。

しかしこれは海外で
日本のクレジットカードを使うときも同じです。

そのためかなり安い手数料で
使えますしAmazon輸出をするためだけに
海外法人を立てて
海外法人口座を用意するくらいであれば
ぜひWorldfirstを活用しましょう。

Facebook Comments

メルマガ登録特典

  1. ・毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
  2. ・毎月2名の方にAmazon無料価格改定ツール「アマトピア」
  3. ・物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
  4. ・50万円の初期費用を貯めるための無料レポート
その他にもメルマガ内では海外マーケティングの情報提供やセミナーの告知などを不定期に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です