Amazon輸入の商品リサーチ方法

輸入、輸出どちらであっても結局利益を生んでくれるのは商品です。

稼げる商品を見つける事が出来れば稼ぐ事が出来ます、当たり前ですね。

僕はリスク分散の為にAmazonアカウントを複数持っているのですが
Amazon輸入だけで月収60万円ほどです。

昔はもう少し多かったんですがAmazonという媒体に頼りきった
商売は危険と判断しここでもリスク分散のため
ヤフオクやネットショップに販路を移しました。

ちなみに月商で言うとだいたい150万円です。

いずれまた語りますがヤフオクで売れた商品の配送は
Amazonのマルチチャネルサービスを使ってます。

またネットショップの商品はレンタルしている倉庫会社から
発送してもらってます。

輸入する商品は今は定番商品だけです。
僕はアパレルとメインを楽器を輸入してます。

アパレルディーラとして働いていていた経験があり
バンド活動もずっとしていてその二つに詳しいからです。

流通を抑えれば何を扱っても利益は出るので
稼げる商品を探すと言うより
自分が扱いたいもの扱ってるだけですね。

でも最初はやっぱ稼げる商品一品一品探してました。
単純作業です、エクセルシートで計算式作って
日本のAmazonと海外Amazonの商品比較して、
1日3時間くらいリサーチしてました。

今は自分で作ったツールを使ってるので5分で見つけてます。

3時間で10個見つかればいい方だったんですが
5分で30個くらい見つかるようになってからは
もう商品リサーチという概念さえなくなりました。

海外Amazonから見つけるときはツールをそれ以外から
見つけるときは海外ニュースや周りの人の話を聞いて
人気が出るであろう物を輸入してます。

周りに欲しい人が1人いれば日本には1000人くらいはいるでしょう。
Amazonの月間ユーザ数は4000万人なので
日本の人口の3分の1の333人が見込み客です。

おおざっぱに見えますがこの考えで外した事はありません、
自分が欲しかったり周りが欲しいと言ってる訳でもないのに
なんとなくヒットしそう、という考えだと逆に
在庫を抱える事が多いです。

ツールは近日一般向けに販売することになったので
興味のある方は楽しみにしていてください。

Facebook Comments

メルマガ登録特典

  1. ・毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
  2. ・毎月2名の方にAmazon無料価格改定ツール「アマトピア」
  3. ・物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
  4. ・50万円の初期費用を貯めるための無料レポート
その他にもメルマガ内では海外マーケティングの情報提供やセミナーの告知などを不定期に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です