Amazon輸出の口座登録と海外口座の比較

Amazon輸出の
売上の受け取りには
ビジネス用のドル建ての
口座が必要になります。

ユニオンバンクのような
個人用のドル建て口座では
受け取りは出来ませんので
ご注意ください。

選択肢は以下の3つです。

  1. 海外法人を建て銀行口座を開設
  2. 日本法人でドル建てまたはユーロ建て口座を開設
  3. レンタル法人口座を利用

海外法人を建て銀行口座を開設

海外amazonからの売上を
受け取るだけであれば
ここまでする必要はありません。

売上が大きくなっても
固定費や手間を考えると
あまりメリットはありません。

海外に法人を建てた場合は
現地の税理士費用もかかってくるので
最低でも年30万円ほど
コストがかかってきます。

他の事業も海外で手がける場合に
限っておすすめできます。

日本法人でドル建てまたはユーロ建て口座を開設

有名なHSBCバンク(香港)や
ニュージーランドASB法人口座など
アジアの銀行では
残念ながら受け取ることができません。

アメリカやカナダ、ヨーロッパの
銀行であれば基本的にどこでも大丈夫です。

レンタル法人口座を利用

レンタル法人口座は2種類あります。

PayoneerとWorldfirstです。

Amazon輸出を行う
ほとんどの方は
これらのサービスを
利用することになると思います。

なおそれぞれの違いは
以下の表をご覧になってください。

サービス名World first (ワールドファースト)Payoneer (ペイオニア)
サービス形態本人口座サービスレンタル口座サービス
取り扱い通貨USドル・ユーロ・ポンド・カナダドルUSドル・ユーロ
Amazonからの入金手数料無料売上の1%(累計受取額$200000以上で無料)
国内銀行への最低送金額なし$500~
国内銀行への送金時の為替手数料1~2%2%
(金額によりレート優遇)($500000~段階的に1.8~1.2%)
ATM&カード発行なしあり
ATM手数料$3.15 or ?3.15
ATM引き出し時の為替手数料2.75~3%
口座残高照会Web:無料Web:無料
ATM:$1 or 0.8ユーロ
年会費なしなし

参照:Payoneerの口座開設方法

参照:Worldfirstの口座開設方法

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください