Amazon輸出欧州販売の方法

Amazon輸出欧州販売で問題になる
VAT登録とEORI登録に
ついて書きたいと思います。

VAT登録とEORI登録

Amazon輸出欧州販売を
する上の最大の壁は
VAT登録とEORI登録です。

VATは還付時に
EORIは通関時に主に必要となります。

なおこのブログでは
正攻法しか書いていません。

VATを取得せず
出品者出荷をして
VATが消費者側にかかった場合だけ
返金するようなやり方を
ブログに書いている人が
いますが明らかにアウトなので
お気をつけください。

そのため取引先企業が
ヨーロッパ域内にいて
その会社に商品を送るだけであれば
それらの番号取得は必要ありません。

※DDP条件などでは
サプライヤーが輸入者となって
通関を行うのでその場合は
輸出者がVAT登録をするメリットはあります。

しかしAmazon輸出欧州販売では
ヨーロッパ域内で
直接商品を売ることになるので
両方必要になります。

出品者出荷でも
FBA出品でもどちらの場合でも
VAT登録とEORI登録が必要になります。

VAT登録、EORI登録自体は
オンライン上で無料で
完結させることが可能です。

しかし問題は
VAT還付の部分です。

VATナンバーを取得したところで
還付ができなければ意味がありません。

その意味では日本のVAT代行業者を
使う価値はあると思いますが
英語ができる方は
現地の事務所に任せた方が
費用はかなり節約できます。

Amazon輸出のコンサルティングを
受けた方にしか紹介していませんが
固定費なしでVAT還付金から
パーセンテージで費用を徴収するだけの
良心的な企業もあります。

また加盟国によっては、
「税務代理人」の制度が導入されており、
納税義務者がEU域内事業者で無い場合には、
VATの税務代理人を
指名する義務がある場合があります。

登録自体は無料でできても
現地のエージェントに任せることを
おすすめします。

なお売り上げがそこまで
多くないうちは
一箇所でVAT登録すれば
大丈夫ですが
売上が多くなると
例えばイギリス、ドイツ、フランスで
それぞれVAT登録する必要が出てきます。

Amazon輸出欧州販売では
市場規模の大きいドイツとイギリスで
VAT登録をする人が多くなると思いますが
登録を委任する
事務所自体は他の国にある事務所でも
問題ありません。

Amazon輸出欧州販売のポイント

VATとEORI登録以外で
Amazon輸出欧州販売で
気をつけるべきことは
以下のことです。

  1. 知的財産所有権
  2.  VATの還付タイミング
  3. 配送遅延

知的財産所有権

 

ブランド品は上の図のように
“Japan import”という
日本のAmazonでいう
“並行輸入品”の記載がない場合
販売を行う事ができません。

ヨーロッパは特に厳しいので
正規代理店が出品している
ページに出品すると
すぐ警告メールが来て
同じ事を繰り返すと
アカウントのサスペンドを引き起こします。

VATの還付タイミング

VAT還付は、翌年の6月までに
申請する必要があります。

なお申請締め切り日等は、
国により異なるのと
エージェントに任せている場合
締め切りが早まる可能性が高いので
ご注意ください。

なお現地のエージェントに
確認したところ
還付時期は6ヶ月~1年で
明確な決まりはないとのことです。

その為キャッシュフロー的には
あまり期待できません。

VATを資金源として
当てにするのは危険という事です。

配送遅延

経験上イタリアと
スペインに送る時は
配送遅延が起きやすいです。

現地の配送業者の問題か
たびたび起きる
ストライキの影響かは
分かりませんが
基本はイギリスかドイツだけを
対象にした方がいいです。

なお他の国にFBA納品をした事がなく
今後も納品する予定はありませんので
その当たりの情報は
他の方のブログ等を参考にしてください。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください