Amazon輸出の利益計算の方法【適切なシミュレーションで利益倍増】

突然ですが
あなたは普段
どのように
Amazon輸出の
利益計算をしていますか?

利益計算は
リサーチの質に影響を
及ぼすだけでなく
リスクヘッジや
キャッシュフローにも
影響を及ぼす
非常に大切な項目です。

それにも関わらず
なんとなくで
やり過ごしてしまっている
方が多いので今回
利益計算(利益シミュレーション)
の方法をまとめました。

利益計算の式について
見る前に
まずは利益計算時に
重要になる項目について
見ていきたいと思います。

利益計算時に重要となる項目

  1. 利益率はいくらか
  2. 利益額はいくらか
  3. 月に何個売れる商品か
  4. 2週間に何個売れる商品か
  5. カート付近のライバルは何人いるか
  6. 過去に出品者数や販売価格の著しい増減はないか

特に4と5は
個人的に重視している項目で
今まで着目していなかった方も
多いと思います。

Amazon輸出の利益計算式

利益=

海外価格-日本価格 – 海外Amazon手数料 –
送料 – (日本価格+送料) * 関税 *
海外消費税 + 日本価格 * 日本の消費税

厳密に計算するとすれば
この式が正しい式になります。

ただし梱包材費用などは
送料に含んでいます。

関税の部分について
よくわからない
分からないという方は
輸入時の話ですが
別のブログに
Amazon輸入の関税計算の方法
をまとめているので
そちらを参考にしてください。

また

仕入れ数=

月に売れた数÷(カート付近のFBA出品者数+1)

という計算式を用いて
仕入れ数を決めるのが
オーソドックスなやり方になります。

この式が基本になるのですが
これらは理論値でしかなく
現場に即していません。

ライバル数が増加した場合
問題が起きるのです。

そこでリスクをヘッジするには
リサーチ時から
あまり人(特に初心者)が
扱わない商品を
選んでいく必要があるのですが
それ以外にも
計算でできることがあります。

それはリスクを考慮して
計算式に入れるということです。

利益=

海外価格-日本価格 – 海外Amazon手数料 –
送料 – (日本価格+送料) * 関税 *
海外消費税 + 日本価格 * 日本の消費税

については

利益=

海外価格*0.9-日本価格 – 海外Amazon手数料(海外価格*0.9時の手数料) –
送料 – (日本価格+送料) * 関税 *
海外消費税 + 日本価格 * 日本の消費税

と価格が多少下落した値で
計算するようにし
さらに海外価格を
日本円に直す時に
為替レートを掛けることになりますが
為替レートも仕入れの最中に
悪い方に変動する可能性を考慮して
2%程度多めに計算します。

より慎重を期すのであれば
仕入れ価格に1.1をかけて
計算してもいいのですが
仕入れ価格は
そこまで動きづらいですし
リスクを削りすぎても
今度は利益が出る商品が
少なくなってしまうので
ご注意ください。

同様にして

仕入れ数=

月に売れた数÷(カート付近のFBA出品者数+1)

についても

仕入れ数=

月に売れた数÷(カート付近のFBA出品者数*1.2+1)

で計算しておくと
ちょうどよくなることが多いです。

これはすべての商品に
適用するのではなく
FBA出品する商品、
つまりランキング3万位以内くらいの
売れる商品に対してだけです、
またランキング上位でも
小売仕入れは利益が出ないような
商品はライバルが
増えづらいので
このリスクヘッジは
不要な場合も多いです。

利益計算の項目の中で操作できるもの

為替や関税は
操作することができませんが
商品価格は安く仕入れれば
仕入れ価格を下げることが出来ますし
送料も安くすることが出来ます。

結局色々並び立てたところで
安く仕入れて安く送れる人と
真っ向勝負しても勝てません。

初心者の方は
いつかそのポジションに
収まることを
夢見ながらも
戦略立てて隙をついていくことにより
利益を増やす必要があるのです。

もしコネがあったり
資金があったりで
使える武器があるのであれば
盛大にその力を奮ってください。

結局人間は与えられた
カードを切って
生きていくしかありません。

ただし努力して
新しいカードを入手することも
出来るのが人生の
面白いところですね。

利益計算を見直せば
戦略もきっと変わってくると思います。

ぜひこの機会に見直してみてください。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください