Amazon輸出の配送方法【商品が売れたらどうすればいい?】

amazon輸出

Amazon輸出の出品者出荷にて利用する
配送サービスは大きく分けて

  1. EMS
  2. 航空便(国際eパケット)
  3. SAL便

の3つがあります。

EMSとは世界120ヵ国以上の国や地域に
30㎏までの書類や荷物を速達で送ることができるサービスです。

また追跡番号もあるので荷物が
どこにあるかを調べることもできます。

さらに荷物の補償も2万円まで無料、
最大でも4,950円の保険料を支払うことで
最大200万円までの補償を付けることができます。

航空便やSAL便は通常便ですので、
EMSより送料が安くなりますが
その分配達日数がかかります。

特にSAL便は航空便よりも時間がかかりますが
送料を安く抑えることができます。

しかし、追跡番号や補償がついていないので
オプションサービスにて追加料金を支払うことで
追跡番号や補償を付けることができます。

Amazon輸出と配送日数

アメリカに送る場合、

  • EMSが5日程度
  • 航空便(国際eパケット)は1週間前後
  • SAL便は2週間前後

で商品が配達されます。

どの配送サービスを利用するかは
その時送る商品によって異なりますが
初心者の方は6000円までの保証が効き
配達速度も速いeパケットをおすすめします。

また高価格の商品を扱う場合は
EMSにしましょう。

国際eパケットについて

国際eパケット

Amazon輸出で使える配送方法は
Fedex,DHL,SAL,EMS辺りが有名ですが
日本郵便が2012年から展開している
国際eパケットサービスがおすすめです。

料金はSAL便と同じ程度で
発送の早さはアメリカまで5日程度、
6000円までですが保証もつくので
僕はよく活用しています。

インボイスや発送伝票を
オンラインで印刷できるのもいいです。

自宅で印刷して集荷すれば究極
家から出ずに貿易をおこなうこともできます。

発送方法は目的によって
オススメが変わってきますが
2kg以内の物を一週間以内で送るなら
国際eパケット一択でしょう。

しかし国際eパケットの知名度は低いのが難点、
はじめて利用する時郵便局員に
国際eパケットでお願いします、と言ったら
「えっ?」という顔をされました笑

複数配送するようになると配送料も
馬鹿にならないので早い段階で
自分に合った配送方法を見つけましょう!