PayoneerをAmazon輸出で活用する方法【登録手順をまとめました】

payoneer-card

PayoneerとWorldfirstの比較

Aamzon輸出には海外法人口座が必要です。
しかしそのために海外法人を立てるのは大変です。

今の時代便利なサービスがありまして
それが海外レンタル口座サービスのPayoneerです。

今はWorldFirstという便利なサービスもあるので
まずは比較した表をご覧になってください。

サービス名World first (ワールドファースト)Payoneer (ペイオニア)
サービス形態本人口座サービスレンタル口座サービス
取り扱い通貨USドル・ユーロ・ポンド・カナダドルUSドル・ユーロ
Amazonからの入金手数料無料売上の1%(累計受取額$200000以上で無料)
国内銀行への最低送金額なし$500~
国内銀行への送金時の為替手数料1~2%2%
(金額によりレート優遇)($500000~段階的に1.8~1.2%)
ATM&カード発行なしあり
ATM手数料$3.15 or ?3.15
ATM引き出し時の為替手数料2.75~3%
口座残高照会Web:無料Web:無料
ATM:$1 or 0.8ユーロ
年会費なしなし

Worldfirstの方が
メリットが大きいです。
記事を書いた時点ではPayoneerしか
選択肢がなかったのですが
今後Payoneerもサービス内容が
変わるかもしれません。

※今はどちらも大差ありません。

これを見た上で
WorldFirstの方を作りたいという方は
別記事に作成方法をまとめていますので
ご覧になってください。

ちなみにレンタルでない
海外法人口座を作りたいのであれば
海外法人を作る必要があり
どんなに安くても15万円はかかるので
ペイオニアの方がおすすめです。

海外法人を作りたいなら租税地の
ネバダ州かデラウェア州にしましょう。

日本人にはなぜかハワイ州が人気のようですが
ハワイは税金高いです。

では早速Payoneerの作成方法に
移りたいと思います。

Payoneerの作成方法

※登録には免許証かパスポートが必要です。

signup

上の図のサインアップと書かれているところをクリックします。

payoneer2

3つのステップを進めます。
ここら辺は普通のクレジットカードと同じなので
特に問題ないと思います。

住所の英語表記

住所を英語表記にすることだけ気を付けてください。

住所の日本語表記を

郵便番号987-6543 ○○県△△市◇◇区××一丁目2-3 建物名405

とすると

1-2-3-405 ××
◇◇-ku, △△-shi, ○○ 987-6543
Japan

という表記に直しましょう。

payoneer完了

ステップⅠ~Ⅲが終了し、上記3項目に同意して
次に進むと上図のように表示されます。
ここで作業は一旦終了です。

この後、登録したメールアドレスに
カード発行承認のメールが届きます。
約2週間程度でデビットカードが届きますので
受け取ってください。

そのうち登録したアドレス宛に以下のようなメールが届きます。

payoneer登録

最後にPayoneerにログインし
ServicesからUS Payment Serviceをクリックします。

すると以下のような画面になるので
payoneer完了

個人情報になるので黒字で伏せていますがここから
Bank routing numberとAccount Numberを
海外Amazonの銀行口座設定から登録すれば
Amazonで販売できるようになります.

日額で50000円までしか引き出せないので
本格的にビジネスをしている人には不適ですが
始めるのにはリスクもなく最適です。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください