Amazon輸入の送料ってどのくらい?

 

輸入と送料・関税・消費税

Amazon輸入に関するブログを書いていると<
質問がよく来るのですがその中でも多いのは
「Amazon輸入やってみたいんですけど送料どれくらいかかりますか?」
というもの。

しかし送料がどれくらいかかるかと言われても
配送方法や輸入する国によって違うし
商品の重さや容積によっても違うので
質問するよりFedeX,DHL,EMS辺りの
ホームページを見ましょう、としか言えません。

しかもおそらく考慮されていないのが関税と消費税。

関税についてもどのくらいかかりますか?
という質問がよく来ます。

関税も品種別によって違うので税関に聞くか(これが一番確実)
財務省の貿易統計を見ましょう。

僕は後者で確認しているので一応リンク貼っておきます。

財務省貿易統計

ちなみに関税の計算式は以下のとおりです。

CIF価額(取引価額+輸送料+保険料+
加算要素*-千円未満切り捨て)×関税率=関税額(千円未満切り捨て)

*CIF価額の加算要素とは、関税定率法4条(課税価格の決定の原則)に定めがあり、例えば「当該輸入貨物の生産及び取引に関連して、売り手の輸出者が買い手の輸入者から原材料を無償で提供された場合の当該部材の評価額」など

イタリアの靴やフランスのワインには
非常に高い関税が掛かっていることで有名です。

TPPで関税撤廃になるとヨーロッパは関係ありませんが
アメリカやアジア諸国を中心に輸入品に関税が掛からなくなります。

その分商品の市場価格が安くなり経済が活性化するという
見通しだと思いますが一次卸、二次卸の
利益が増えるだけで個人がその恩恵に預かるようなことは
すぐには起こらないでしょう。

さらに消費税は
(CIF価格(切り捨て前)+関税)×4%-百円未満切り捨て
で求めることが出来ますが商品によって関税が異なるので
実は税関では複雑な計算が行われているということが分かります。

僕は消費税はおおざっぱに5%で計算しています。

以上のことから送料、関税、消費税を人に聞いても意味が無いということが
お分かりいただけたでしょうか?

商品代を過少申告して関税額を引き下げようなんていう
非合法な方法を考えるくらいなら(やっている人は結構いますが絶対NG)
そもそもの商品を独自の取引先を開拓して
安く買うということに注力したほうが今後のためです。

個人的経験に基づくと送料、関税、消費税を
一品一品厳密に計算して輸入する必要はありません。

それは大規模な商社などがやることです、
小規模でましてや自分一人でやっているうちから
そんなことをしていたらいつまで経っても進みません。

やるなら外注に任せましょう。

僕はコスト管理として1回の輸入における
一品辺りの送料、関税、消費税は
簡易計算で平均値を出しそれで採算が取れるか計算しています。

ちなみにリサーチには自信がありますが
それでも在庫率を1割、破損率を0.5割で予め
リスク計算に盛り込んでいます。

あらかじめ計算に入れているので仮に在庫やロスが
出ようと全く問題ありません。この考えは大切です。

輸入と配送方法

配送方法については大きなテーマなので
別の記事で扱いますが
個人で初めて輸入する人はEMSになると思います。

でもEMSって量が増えると通関手続きが面倒臭かったり
保証がイマイチだったり大規模なビジネス利用には向いていません。

中規模ならDHL,FedeX、大規模なら船便になります。

僕は何度かコンテナ(1t)で輸入したことがありますが
通関手続きがかなり大変だったのを覚えています。

後から通関業者なんていう作業もろもろを代行してくれる
方々がいたのを知ったのは苦い思い出。
当時はわざわざ横浜港に出向いて
「あぁ貿易って辛いなぁ」と思っていました笑

ちなみに船便の場合荷渡し方法が10種類くらいあって
大概その中の3種類くらいの相見積もりをとって
自分で保険をかけたり取引先にかけてもらったり
それこそもう個人の自由です。

船便について書いても需要なさそうなので
航空便について近いうちにも詳しく比較して紹介します!

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください