Amazon輸出無在庫リサーチ【キーワードから検索する方法】

キーワード

Amazon輸出無在庫
リサーチの方法には
基本となる
出品者から輸出無在庫の
リサーチをする方法

ライバルが増えづらい
画像から輸出無在庫の
リサーチをする方法

今回紹介する
普遍的に使えるキーワード
リサーチの3つの方法があります。

キーワードから検索する方法は
一番可能性を
秘めている方法でもあり
同時に幅が広すぎて
迷子になりやすい方法でもあります。

初心者のリサーチは出品者から
中級者のリサーチは
画像からのリサーチも活用して
上級者はキーワードから
リサーチする方法を推奨しています。

あくまで目安ですので
初心者の方でも
キーワードからのリサーチを
身に付けることができれば
優位に立てますので
この機会に覚えてみてください。

Amazon輸出で鍵となるキーワード

Amazon輸出というと
基本的には日本から
商品を送ることになりますが
アメリカのAmazonで商品を
売っているのは何も
日本人だけではありません。

中国人もカナダ人も
ドイツ人もいます。

しかし彼らと同じ土俵で
勝負する必要はありません。

日本に居を構える限り
日本で商品を仕入れることに
強みを発揮できるからです。

中国商品には中国商品の
ドイツ商品にはドイツ商品の
強みがあるように
日本商品には
日本商品の強みがあります。

そして幸いなことに
そのブランド力は
非常に大きなものです。

日本の商品であるということは
それだけで価値があることなのです。

そう考えると
探すべきキーワードも
いくつか浮かんでくるのでは
ないでしょうか?

Japan,Japan import,
Japanese,JP,Tokyo,Kyoto,
Ninja,Sakura,Fuji,
この辺りのキーワードを
軸にカテゴリで絞っていくのが
キーワードによるリサーチの
基本となります。

amazon_com__kyoto__home___kitchen

カテゴリで絞らないと
対象が多すぎて関係ない商品も
紛れ込みやすいので
必ずカテゴリで絞ってください。

リサーチツールを使う時も
キーワードリサーチの
方法を使えるので
同様にキーワードとカテゴリで
絞りましょう。

価格でも絞る時は
価格帯は2万円以下で
小分けにして検索していきましょう。

次に候補に挙がるのが
日本のブランドメーカー。

例えばNintendo,Toyota,
Panasonic,Sony,Fujitsuなどは
海外の人も皆知っています。

ただし今挙げたようなメーカーは
規模が大きすぎて
直接卸を取るのは難しくなります。

Amazon輸出で利益率を上げる方法
参考に小売メインで
仕入れる場合はいいのですが
卸を取って安定的に稼ぎたい場合は
2次卸の形でこれらのメーカーの
卸を取るかあるいは
1次卸してもらえるもう少し
規模の小さい
日本メーカーを探しましょう。

最後に応用例を紹介します。

Japanなどのキーワードでは
抽象的なので検索対象が
非常に多くなってしまうのですが
nintendoのようなメーカー。

nintendoで
検索した結果が以下の図です。

amazon_com__nintendo

およそ16万件も商品が出てきました。

これでは効率が非常に悪くなります。

そこでメーカー名だけでなく
ブランドシリーズ名も
入れて検索してみてください。

今回はnintendo amiiboで
調べてみました。

amazon_com__nintendo_amiibo__video_games

nintendoというキーワードを外すと
以下のようにちょっとだけ増えました。

amazon_com__amiibo__video_games

メーカー名を外すと
他のメーカー名のものが
出てきてしまう場合もありますが
まれにメーカー名を入れていないと
販売ページもあるのでこのような
ことが起こります。

しかしメーカー名を
しっかり入れていないような
ページは売れていないことが多いので
個人的には無駄な
検索対象を減らすために
詳細に絞る前者のやり方のほ方をおすすめします。

新商品を狙う戦略を整える

無在庫販売が
FBAセラーよりも
明らかに有利に戦える
場というのは限られていて
それが新商品の販売です。

まだFBA納品が間に合っていない
日本の新発売商品は
無在庫販売でも売れます。

実際ツールを使って
日本のAmazonと海外のAmazonの
ASINが繋がっている商品を見つけても
それが3年前から
販売されているような商品なら
価格競争の末にほぼ
利益が出ない商品と
なっているでしょう。

販売日を基準に
絞り込むようなことは出来ませんが
例えばAmazon.comのElectronicsの
New Arrival商品はこちらのページで
確認できます。

URLから検索できるタイプの
ツールを使えばこのNew Arrival
に対象を絞って新商品を
見つけることができます。

これはFBA出品の商品リサーチの時も
使える手法ですので
参考にしてみてください。

また今回紹介した
キーワード検索以外の
Amazon輸出リサーチの方法
リンク先にまとめているので
合わせてご覧になってみてください。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください